【Widgyの使い方】iPhoneのホーム画面をオシャレに!

【Widgyの使い方】iPhoneのホーム画面をオシャレに!

最近のiPhoneって、ホーム画面に「ウィジェット」を表示させることができるようになりましたね!

 そのウィジェットをカスタマイズできる代表的なアプリが、「Widgy」です!

「Widgy」は機能が豊富で、さまざまなウィジェットを作ることができます。

しかし、機能が多いゆえに、慣れるまではちょっと大変なんですよね。

そこで今回は、「Widgy」の使い方を初心者の方向けにわかりやすく説明します。

 

【この記事を読むメリット】

Widgyの使い方がわかり、iPhoneのホーム画面をオシャレかつ便利にすることができる。

 

Widgyとは 画像 「Widgy」は、ウィジェットを自由自在にデザインできるアプリです。

例えば、下の画像ようなカスタマイズをすることができます。 画像 無料で使用することもできますが、その場合は、ホーム画面に設置できるウィジェットの数は1つになります。

もし、2つ以上のウィジェットをホーム画面に設置したい場合は、アップグレードが必要になります。値段は、買い切りで610円です。

まあ、ウィジェットは1つだけでも、十分にiPhoneをオシャレにカスタマイズすることができますので、最初は無料で始めるのがいいと思います! 

【ポイント】

  • 無料で利用できる(ウィジェットの数は1つ)
  • 有料プランだとウィジェット数は無制限(買い切り610円)

 

Widgyで作れるウィジェットの種類

では、Widgyではどんなウィジェットが作れるのでしょうか。

一緒に確認していきましょう!

天気予報・バッテリー残量・カレンダー・時計・画像表示など、Widgyで作れるウィジェットの種類は豊富です。

私は、「天気予報・バッテリー残量・カレンダー・時計・画像表示など」をよく使います。

また、天気予報といっても、「1週間分の天気予報」を表示させたり、「当日の1時間単位の天気予報」を表示させたりと、柔軟な設定をすることが可能です。

Widgyで作れるウィジェットの種類(天気予報)

 

そのほかにも、以下のようなウィジェットを利用することができます。

【ウィジェットの種類】

  • 天気予報
  • バッテリー残量
  • カレンダー
  • 時計
  • 画像表示
  • 大事な日までのカウントダウン
  • Wi-Fi接続状況
  • Bluetooth接続状況
  • 画面明るさ
  • 歩数計
  • などなど

 

大きさは「小・中・大」の3種類 Widgyでは、「小・中・大」の3種類のウィジェットを作成することができます。 さっき紹介した天気予報のウィジェットが「中」で、下の画像が「小」と「大」のウィジェットです。

Widgyで作れるウィジェットの種類(小・大)

Widgyの使い方 Widgyは、「テンプレートを使って一瞬でウィジェットを作る方法」と「自分で最初から完全オリジナルのウィジェットを作る方法」の2パターンがあります。

最初は、テンプレートを使ってウィジェットを作るのがおすすめです。 自分でオリジナルウィジェットを作るのも楽しいのですが、使い方に慣れるまではそこそこ時間がかかります。 まずは、テンプレートを使って、簡単にウィジェットを作りましょう!

それでは、やり方を説明します!

Widgyのダウンロードがまだの方は、こちらからダウンロードをしましょう。 

Widgy

テンプレートを使って一瞬でウィジェットを作る

【STEP1】

まずは、「Widgy」というアプリを開き、「閲覧・検索」をタップします。
Widgyを使ってiPhoneのホーム画面をカスタマイズする方法【STEP01】

 

【STEP2】

使いたいウィジェットをタップします。自分が気に入ったウィジェットを選びましょう。

【STEP3】

インポートをタップします。

Widgyを使ってiPhoneのホーム画面をカスタマイズする方法【STEP02】

 

【STEP4】

画面左上の戻るマークをタップします。

 

【STEP5】

「クリエイト」をタップします。

Widgyを使ってiPhoneのホーム画面をカスタマイズする方法【STEP03】

 

【STEP6】

STEP3で、自分が好きなウィジェットをインポートしました。その自分がインポートしたウィジェットをタップします。

 

【STEP7】

画面左上にある前に戻るマークをタップします。

Widgyを使ってiPhoneのホーム画面をカスタマイズする方法【STEP04】

 

【STEP8】

「確認」をタップします。

 

【STEP9】

(1)「管理」をタップします。

(2)自分が選択した大きさのウィジェットを選択します。今回は、ミディアムサイズの大きさのウィジェットを選択したので、「ミディアム#1」をタップします。

Widgyを使ってiPhoneのホーム画面をカスタマイズする方法【STEP9】

 

【STEP10】

STEP3でインポートしたウィジェットをタップします。

 

【STEP11】

「テーマを適用しますか?」と表示されるので、「NO」をタップします。ちなみに、ここで「YES」をタップすると、選択しているウィジェットの色や文字の形(フォント)を簡単に変更することができます。興味がある方は、お試しください。

Widgyを使ってiPhoneのホーム画面をカスタマイズする方法【STEP11】

 

【STEP12】

(1)ホーム画面に戻り、空いている箇所を長押しします。 (2)画面左上にある「+」マークをタップします。

 

【STEP13】

(1)検索バーに「widgy」と入力します。 (2)すると、Widgyのアプリアイコンが表示されますので、タップします。

Widgyを使ってiPhoneのホーム画面をカスタマイズする方法【STEP13】

 

【STEP14】

「ウィジェットを追加」をタップします。 完成です!お疲れ様でした!

Widgyを使ってiPhoneのホーム画面をカスタマイズする方法【終了】